ギャンブル依存症 借金

【人生最悪】借金が辛い…やってはいけない危険行為と借金苦から抜け出す方法

本記事でわかること

  • 借金が辛い、苦しいと感じる理由
  • 借金が辛い時にやってはいけない危険行為5選
  • 借金が辛い時にやるべきこと

 

本記事を書いた人

本記事を書いている僕は、過去に2度もギャンブルで多額の借金を背負った経験があります。

1度目は、スロットで180万。2度目は、競馬で300万。

そんな感じで、僕は借金によって誰よりも辛い経験をしてきたと思います。もちろん自業自得ですが…。

なので、今回は借金がなぜ辛いのか?そして、その辛い借金生活から抜け出す為にはどうすれば良いのかを簡単ではありますが、解説していきたいと思います。

今、借金があって辛い思いをしている方やまだ借金はしていないけど、これから借金するかもしれないという方に、借金の怖さをしっかり認識していただきたいです。

 

借金が辛い、苦しいと感じる理由

借金が辛い、苦しいと感じる理由は、以下の通りです。

  • 毎月の返済ができない
  • 借金完済の目途が立たず不安
  • 催促の電話やハガキに怯える
  • 返済の相談で電話するのが怖い
  • 家族や同僚にバレないか不安
  • 誰にも相談できない

 

毎月の返済ができない

そもそも毎月の返済ができなかったり、できたとしても手元にお金が残らなかったりすると、借金が辛いと感じてしまうでしょう。

借金の返済は、毎月必ず訪れます。

その度に、返済のことを考え、お金のやりくりをして切り詰めた生活を送る。

こんな人生が楽しいなんて思えるはずがないですよね。

借金完済の目途が立たず不安

借金の借入額が多くなればなるほど、完済の目途が立たず不安に感じます。

僕が、競馬で300万の借金をした時は、返済プラン通りに返していったとしたら軽く10年以上かかる計算でした。

2,3年で返せる借金ならまだ不安も少ないと思いますが、10年となるともうお先真っ暗です。

催促の電話やハガキに怯える

毎月の返済が滞ると、催促の電話が来たり、ハガキが家に届くようになります。

口座に入金忘れとかで、2,3日の遅れなら問題ないですが、1か月以上の延滞になると話は変わります。

毎日のように電話が鳴り響き、強制解約や財産差し押さえの通知が家に届く。

ケータイを開くのも怖くなり、家のインターホンが鳴ると取り立てが来たのではないかとビクビク怯えながら生活することにも。

返済の相談で電話するのが怖い

返済日にお金を用意できない場合、消費者金融や銀行に電話をしなければいけません。

返済日をずらしてもらったり、返済額の相談をする為です。

この電話をするのが、めちゃくちゃ怖いんです。

たまに、ちょっと怖い人が電話に出て、なぜ返済できないのかを追及されたりするからです。

家族や友人にバレないか不安

ギャンブルで借金をしている場合、家族や友人などに隠れて借金をしているケースがよくあります。

そんなとき気になるのが、借金のことがバレないかどうかです。

常に電話や郵便物、財布の中身などを気にして、借金がバレないようにしなければいけない。

また、家族や友人のちょっとした発言に反応し、「もしかしてバレてる?」と疑心暗鬼に陥ります。

かなり消耗するので、これも辛いです。

誰にも相談できない

毎月の返済が滞り、もうどうにもならないという状況に陥っても、誰にも相談できないのが借金が辛いと思う瞬間ではないでしょうか。

借金の金額が大きくなっていたり、ギャンブルが原因で借金をしていたりすると、余計に相談しづらいと思います。

借金もあり、さらに孤独感を感じることで、借金が辛い、苦しいと感じる最大の理由になるかもしれませんね。

借金が辛い時にやってはいけない危険行為

ここでは、借金が辛い時にやってしまいがちな絶対にやってはいけない危険行為を紹介していきます。

借金が辛くなってくると、どうしても現実から目を背けたくなりますが、これから紹介することは絶対にやらないようにしましょう!

ちなみに、僕はすべて経験済みです。

絶対にやってはいけない危険行為

  • 返済を諦める
  • 会社を休みがちになる
  • 催促の電話やハガキを無視する
  • 借金を借金で返す
  • 人生を諦める

 

返済を諦める

毎月の返済に嫌気がさして、返済を諦めてしまう気持ち。すげぇーわかります!

しかし、これをやってしまうと、3か月ほどで金融ブラックになり、今後の生活に多大な影響を与えてしまいます。

だから、絶対にやらないでください!

金融ブラックになった時の影響については、過去記事でまとめていますので、そちらを参考にしてください。

会社を休みがちになる

借金返済がうまくいかないと無気力状態になり、会社を休みがちになってしまうことがあります。

これも非常に危険です。

なぜなら、会社を休みがちになると、どんどん会社に行きづらくなり、最終的には会社をやめなければいけない状態になってしまうからです。

実際に僕は、一か月半も会社を無断欠勤して、退職せざる得ない状況に追い込まれ、やむなく退職しました。

そうなると、さらに借金問題が重くのしかかり、すべてのやる気を失ってしまいますよ。

催促の電話やハガキを無視する

借金の返済ができないと、催促の電話やハガキにストレスを感じるようになり、最終的には無視するようになってしまう。

これもかなりやばいですよ。

財産の差し押さえの通知が届いたりして、そのまま放置すると裁判沙汰なんてこともあり得ます。

現実から目を背けたくなる気持ちは痛いほどわかりますが、なんとか連絡だけは途絶えないようにしましょう!

借金を借金で返す

これもよくある話ですが、借金を借金で返していくと、雪だるま式に借金が膨れ上がり、気付いたら借金が300万になっていたなんて余裕であり得ます。

はい、僕のことです。

僕は、約2年で借金を300万まで増やしました。

その原因として、借金を借金で返していたんですよね。

借金を借金で返すのは、その場しのぎであって根本的な問題解決にはならないので気を付けましょう。

人生を諦める

人生を諦めること。それはつまり、です。

これは、当たり前ですが絶対にやってはいけないです。

正直、僕も何度も考えたことがありますが、今となっては借金を理由に死ぬなんてもったいなさすぎです!

諦めずに生きていれば、いつか必ず良い方向に動き出します!もちろん行動することが大前提ですが。

では、実際にどんな行動をとっていけば良いのか。

次項で、解説していきます。

借金が辛い時にやるべきこと

上記のように、借金でどうしようもなく辛い状況になってしまった場合、どうするべきなのか。

結論、借金問題を解決するべく、とにかく行動するしかないです!

結局、借金問題を放置し続けても何も変わりませんし、むしろ状況は悪化します。

少しづつでも行動し、借金返済を楽にしたり、そもそも借金をしないような生活を手に入れましょう!

では、その対策について書いていきますね!

借入先に相談

まず、毎月の返済がキツイ場合やそもそも返済が滞っている場合は、借入先に連絡を入れましょう!

そして、返済のついて相談することをおすすめします。

返済期日をずらしてくれたり、返済金額を調整してくれたりと、意外と臨機応変に対応してくれますよ!

最悪、返済できなくても連絡だけはしっかり入れることを心がけましょう!

おまとめローンを検討する

多重債務になっていてどうしても返済が苦しい場合は、おまとめローンを検討してみましょう!

僕の経験上、3社以上から借り入れがある場合は、検討した方が良いと思いますよ。

ただ、おまとめローンを利用する場合は注意点があります。

それは、おまとめローンはキャッシング枠のご利用分のみおまとめ対象になっていて、ショッピング枠については非対象というところです。

つまり、おまとめローンを利用しても借金を一つにまとめることができない可能性があるということです。

僕は過去におまとめローンを利用して際に、これに気付かず、逆に借金を増やしてしまいました。

詳しくは、下記の記事でまとめています。おまとめローンを検討する方は、ぜひ一度読んでみてください!

債務整理を検討

借金返済がきつかったり、そもそもできないという人の為に国が認めていて法律上、定められている借金返済を楽にする正当な方法があります。

それが、債務整理です。

誰しも一度は聞いたことがあると思いますが、良い印象を持っている方は少ないと思います。

理由としては、

  • 手続きがめんどくさい
  • 金融ブラックになる
  • 家族にバレたくない

上記のような理由から、債務整理を敬遠しがちですが、実際はそんなことはありません。

手続きは簡単ですし、家族にバレずにやれる方法もあります。

金融ブラックになることも決してネガティブな事ではないです。

このあたりの話は、下記の記事で詳しく解説していますので、気になる方は是非一度読んでみてください!

家族や友人に相談

自分ひとりの力で借金問題を解決できない場合は、思い切って家族や友人に相談することで辛い借金が解放される可能性があります。

一時的にお金を借りたり、いったん肩代わりしてもらうのも場合によってはありかと思います。

肩代わりについて否定的な意見が多いと思いますが、当事者同士が和解し、その後の生活が改善されるならかなり有効な方法です。

とはいえ、めちゃくちゃ言いづらい気持ちはわかります。

嫌われたらどうしよう、見放されたらどうしようと不安な気持ちになってしまうんですよね。

そんな悩みを解決するべき下記の記事を書きましたので、ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

お金についての知識をつける

お金の知識をつけると、お金周りのことに詳しくなり、結果的に支出を減らすことできます。

本来、払う必要がないものにお金を払っていたり、必要以上にお金を使ってしまっているものを見直すことができるからです。

といっても、勉強するのは楽じゃないし、けっこう細かい話でめんどくさいと感じてしまう方が多いと思います。

でも、大丈夫です!

そんな人でも、簡単に楽しくお金の勉強をすることができる動画と本があります!

僕は、このYouTube動画や本を読んで、お金の勉強をしています。

お金について勉強してみたい方は、ぜひ一度見てみることをおすすめします!

https://www.youtube.com/c/ryogakucho

>>お金についての知識をつけたい方はこちらから

まとめ:借金は辛いけど、行動すれば楽になれる!

いかがだったでしょうか。

借金ってみんな当たり前のようにしていて、借金がない人の方が少ないと思います。

でも、その中で借金が辛いと思っている人と借金をあっても楽に生活をしている人の差は、やはり行動の差なんですよね!

お金だけの話ではないですけど、人生を変える為には行動するしかないです。

ですから、借金が辛いと思って苦しい生活をしている人は、今回紹介した借金が辛い時にやるべきことをしっかりと行動に移し、借金苦から抜け出す努力をしてほしいと思います。

2021年12月14日、鈴木傾城さんのブログ『ダークネス』に「ギャンブル依存症から回復するには?」というテーマで寄稿させていただきました!
ぜひ、こちらも読んでみてください!
>>ギャンブル依存症から回復するには?15年のギャンブル生活から抜け出した方法

ギャンブル依存症を克服されたコウジさんのブログです。
とても参考になるので、ぜひご覧ください。
>>絶対に治らないと思っていたパチンコ依存症を克服した僕のブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jyunipapa(ジュニパパ)

ギャンブル歴15年。脱ギャンブルから2年経過。 高卒→就職→借金180万(パチスロ)→完済→結婚→2児のパパ→借金300万(競馬)→完済(肩代わり)→両親に返済中→副業→ブログ(現在) 2020年8月、ブログ構築。 ギャンブル依存症を克服する方法や家族の接し方などの情報を発信しています。また、ギャンブル依存症問題でお悩みの方からのご相談も無料で受け付けております。公式LINEアカウントからお気軽にお越しください!

-ギャンブル依存症, 借金
-,