ギャンブル依存症 パチンコやめたい

【人生破綻】大学生がパチンコを始める危険性を解説!パチンコを適度に遊ぶ方法も紹介!

2022年11月8日

【人生破綻】大学生がパチンコを始める危険性を解説!パチンコを適度に遊ぶ方法も紹介!

大学生になってパチンコの存在を知り、初めてパチンコを打ったという人は多いのではないでしょうか?

 

本記事の内容

  • そもそも大学生はパチンコをしてもよいのか?
  • 大学生がパチンコを始めるきっかけと続ける理由
  • 大学生がパチンコを始める危険性について
  • 大学生がパチンコを適度に遊ぶ方法

 

本記事を書いた人

本記事を書いた人

パチンコは正真正銘ギャンブルです。勝つこともあれば負けることもあります。

 

パチンコにのめり込んでしまうと、友人や恋人よりパチンコを優先したり、借金をしてまでパチンコを打ったりすることもあるのです。

 

そういったパチンコの危険性を理解せずにパチンコを打つことは、非常に危険な行為と言えます。

 

この記事では、大学生がパチンコを始める危険性について解説します。

 

また、大学生がパチンコを適度に遊ぶ方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください!

 

パチンコの危険性をしっかり理解し、健全にパチンコを楽しむようにしましょう。

 

パチンコで負けて借金が膨らんでいる人は無料減額診断を受けてみよう

パチンコで負けて借金が膨らみ、返済がきつくなっていたり、すでに返済が遅れている人は、 無料減額診断 を試してみましょう。

 

簡単な質問に答えるだけで、自分の借金がいくら減るのかがわかります。

 

診断の結果、減額可能なら今より借金を減らすことができ、毎月の返済が楽になりますよ。

 

申し込みは3分程度で完了し、匿名OKなので安心して利用できます。

 

また、債務整理するかどうかは結果を見てから決めればOKです。

 

ちなみに、債務整理には次のようなメリットがあります。

  • 最短即日で返済や取り立てが止まる
  • 家族にバレずに手続きができる
  • 毎月の返済額が減る

メリットがたくさんなので、今すぐ試してみましょう。

>>無料の借金減額診断を試してみる

\無料、匿名OK!3分でわかる!/

借金がいくら減るのかすぐにわかります

そもそも大学生はパチンコをしてもよいのか?【結論:OKです】

そもそも大学生はパチンコをしてもよいのか。

 

答えは、OKです!

 

パチンコは、18歳以上(高校生は除く)なら誰でも打つことができます。

 

これは、風営法第22条で定められているため、18歳未満の人は入店すらできません。

 

もし入店した場合は、パチンコ屋のスタッフによって退出するよう促されるので、絶対に入らないようにしましょう。

 

場合によっては警察沙汰になることも考えられます。

 

また、パチンコ屋のアルバイトも18歳以上でなければ働けないので覚えておきましょう。

大学生がパチンコを始めるきっかけと続ける理由

大学生の年齢になるとパチンコができるようになるため、大学生になって初めてパチンコを打ったという人も多いでしょう。

 

なぜ大学生になってパチンコを始めるのか。

 

ここでは、大学生がパチンコを始めるきっかけとパチンコを続ける理由を紹介します。

きっかけは、友人からの勧誘がほとんど

パチンコを始めるきっかけとして、一番多いのは友人からの勧誘です。

 

友人から「パチンコで5万勝った」とか「パチンコで勝ったお金で洋服を買った」などの話を聞くと、自分もやってみようかという気持ちになってしまうんですよね。

 

また、友人の付き添いで行って、勢いで始めたという人も多いでしょう。

 

パチンコをまったく知らない状態で、パチンコ屋に入ることはかなりの勇気が必要です。

 

そのため、パチンコ経験がある友人と一緒だと安心できます。

 

最初から一人でパチンコ屋に行ってパチンコを打ったという人はかなり少ないでしょう。

 

パチンコを始めるきっかけは、

  • 親がやっていたから
  • 好きなアニメがパチンコになったから
  • お金が稼げると思ったから

などがあります。

続ける理由は、大当たりの快感とお金の虜になるから

大学生が初めてのパチンコ以降もパチンコを続ける人は、以下のような理由があると考えられます。

  • 大当たりの快感を味わいたい
  • お金を稼ぎたい

ビギナーズラックで少額の軍資金で当たったことに気をよくして、その後もパチンコを打つようになる人が多い傾向にあります。

 

逆に、初めてのパチンコで負けてしまった人は、それっきりパチンコを打たないことがほとんどです。

大学生がパチンコを始める危険性について【ギャンブル依存症を知ろう】

パチンコは非常に中毒性が高く、一度パチンコの面白さにハマってしまうと、簡単に抜け出すことが困難です。

 

パチンコ台は、あらゆる音や光、液晶の演出などで、人間の脳を刺激するようにできています。

 

パチンコ台は研究に研究を重ね、人間がパチンコに依存するように設計されているのです。

 

そのため、初めてのパチンコでビギナーズラックを味わってしまった人の多くは、ギャンブル依存症になってしまう可能性が極めて高い傾向にあります。

 

では、ギャンブル依存症になってしまうと、どのような状態になってしまうのか。

 

ギャンブル依存症になってしまうと、下記のような状態になってしまう可能性が高くなります。

  • 借金してパチンコをする
  • 友人や恋人を失ってしまう
  • パチンコ以外の物事に興味がなくなってしまう

嘘だと思うかもしれませんが、本当に起こるんです。

 

もし大学生の段階で、このギャンブル依存症になってしまうと、人生を破綻させかねません。

 

ですから、しっかりとギャンブル依存症について知っておく必要があるのです。

 

では、ギャンブル依存症の症状について詳しく解説します。

借金をしてパチンコをする

ギャンブル依存症の恐ろしさは、借金です。

 

パチンコを始めたばかりのときは、自分の許容範囲内でパチンコを楽しむ人がほとんどです。

 

しかし、パチンコにのめり込んでギャンブル依存症になってしまうと、すべてのお金をパチンコにつぎ込むようになります。

 

そして、全財産を失ったあとは借金をしてまでパチンコを打つようになるのです。

 

「さすがにそこまではしないよ」と思われるかもしれませんが、実際にあり得るんですよ。

友人や恋人よりパチンコを優先してしまう

ギャンブル依存症になってしまうと、友人や恋人よりもパチンコを優先するようになります。

 

たとえば、夕方から友人や恋人との約束があった場合でも、日中にやっていたパチンコをまだ打ちたいからという理由で約束を反故にすることも全然あり得るのです。

 

また、休みの日に友人や恋人と遊ぶのではなく、終日パチンコを打つことも珍しくありません。

 

このようにギャンブル依存症は、人との約束よりもパチンコを優先するのが特徴です。

パチンコ以外の物事に興味がなくなってしまう

ギャンブル依存症は、パチンコ以外のことに興味がなくなってしまうという症状もあります。

 

パチンコで得られる刺激は、いわゆる薬物で得られる快楽と同じ扱いになるため、パチンコ以外のことでパチンコ以上の刺激や快楽を感じられなくなってしまうのです。

 

そのため、ギャンブル依存症の人は、パチンコ以外の物事にまったく興味がなくなってしまう傾向にあります。

 

このような状態になってしまった場合は、一定期間パチンコから離れる必要があるのですが、一週間もすると禁断症状が現れます。

 

ギャンブル依存症は本当に恐ろしい病気です。

大学生がパチンコを適度に遊ぶ方法

パチンコは適度に遊ぶのが一番です!

 

とくに、今をときめく大学生がパチンコにのめり込むのは本当にもったいないです。

 

それに、大学生のうちにギャンブル依存症になってしまったら、その後の人生は悲しい末路を歩むことになります。

 

といっても、パチンコは楽しいので打ちたいですよね。

 

ここからは、大学生がパチンコを適度に楽しむ方法を紹介します。

 

ここで紹介する内容を実践し、パチンコと適度な距離感を保ち、健全にパチンコを楽しみましょう。

軍資金の上限を決める

パチンコに行くときは、必ず軍資金の上限を決めておきましょう!

 

なぜなら、軍資金に上限を設けないとあり金すべてをパチンコにつぎ込んでしまう可能性があるからです。

 

大学生は、社会人に比べ所持金が少ないので、生活に支障がないようにしっかりお金の管理をおこなう必要があります。

 

家賃や光熱費、食費など、生活資金には絶対に手を出さず、パチンコに使えるお金を正確に把握しましょう。

借金は絶対にしない

借金は絶対にしてはいけません!

 

今の時代、学生ローンで簡単にお金を借りられてしまいます。

 

また、パチンコをする人の間ではお金の貸し借りが当たり前におこなわれる傾向にありますが、友人間でも絶対に借金はしないでください。

 

もちろん友人にお金を貸すのもNGです。

 

もしすでに借金をしていてやばい状況になっている人は、下記の記事を読んでみてください。借金問題の解決方法を解説しています。

関連記事

【パチンコの借金がやばい】借金をする心理と地獄から抜け出す方法5選

パチンコに行く頻度を減らす

パチンコに行くのは、多くても1週間に1度くらいにしておきましょう!

 

パチンコは行けば行くほど、依存性が高まります。

 

パチンコに行く回数が増えれば、マイナス10万円からの逆転劇や投資1000円で10万勝ちなどを経験する可能性が上がるんです。

 

もちろん、行く回数が多いからといって必ず起こることではありません。

 

しかし、1度でもこのような快感を味わってしまうと、ギャンブル依存症になる可能性が高まるので、パチンコに行く頻度を減らし、健全にパチンコを楽しむようにしましょう。

パチンコの負け額を知る

パチンコをやるなら、必ず自分がどれくらい負けているかを把握しましょう!

 

パチンコをする人は、自分は勝っていると錯覚しがちです。

 

パチンコの収支をしっかりつけることで、自分がパチンコにいくら使っているかを客観的に知ることができます。

 

パチンコでいくら負けているかを正確に知ることで、パチンコに行く頻度を抑えることができるでしょう。

 

負けていることが前提で話をしていますが、パチンコで勝つことはほぼ不可能だからです。

 

詳しくは、下記の記事を読んでみてください。

関連記事

パチンコが絶対に勝てない5つの理由と知っておくべき事実!負ける仕組みと業界の衰退が大きな要因

大学生のうちにパチンコの怖さを知っておこう!

パチンコの危険性を簡単にまとめます。

  • パチンコは依存性が高い
  • パチンコ台は人間が依存するように作られている
  • パチンコはギャンブル依存症になる可能性がある
  • ギャンブル依存症になると、借金をする可能性がある
  • 友人や恋人よりパチンコを優先してしまう
  • パチンコ以外の物事に興味がなくなってしまう

パチンコは、人生を簡単に崩壊されるほどの力を持っています。

 

大学生のうちにパチンコの怖さをしっかり学び、パチンコによって人生が狂わないようにしましょう。

  • この記事を書いた人

ジュニパパ

ギャンブル歴15年(パチンコ・スロット・競馬)。脱ギャンブルから3年半経過。 借金180万(パチスロ)→完済→結婚→2児のパパ→借金300万(競馬)→完済(肩代わり)→両親に返済中