ギャンブル依存症 競馬依存症

【競馬をやめたい人へ】競馬を確実にやめる方法とは?

2021年9月11日

先週、競馬で10万負けた。

いい加減、競馬をやめたい!でも、何度やめようとしてもやめられない!

何でもするから確実に競馬をやめる方法を教えてください!

 

今回は、この悩みについて書いていきたいと思います。

 

僕は、過去に競馬で300万借金しましたが、現在は競馬をやめて2年が経ちます。

競馬にどっぷりハマっていた僕でもあっさり競馬をやめられました。

今回はその方法について解説していきたいと思います!

本記事でわかること

  • 競馬を確実にやめる方法
  • 競馬をやめる為に必要なこと
  • 僕が競馬をやめ続けられている理由

本記事を書いた人

僕は、2017年から2019年にかけて競馬で300万の借金を作り上げた経歴があります。

いわゆる競馬依存症というやつでした。

そんな僕も、今は競馬をやらない生活を2年以上続けています。

本記事では、競馬をやめたいけどやめられずに苦しんでいる人に確実に競馬をやめる方法を紹介します。

本記事を読み、競馬をやめることで次のようなメリットがあります。

  • お金に余裕ができる。
  • 時間に余裕ができる。
  • 精神的余裕ができる。
  • 人間関係が良好になる。
  • 人生が有意義になる。

是非、最後まで読んでいただき、競馬をやめ、このメリット全てを手に入れてもらいたいと思います!

競馬をやめたいなら、徹底的に馬券を買えない環境づくりをしよう

競馬をやめたいなら、徹底的に馬券を買えない環境づくりをしよう

競馬をやめたいなら、徹底的に馬券を買えない環境づくりをする必要があります。

具体的には次の通りです。

  • ネットバンキング解約
  • インターネット投票アカウント解約
  • 消費者金融、カードローン解約
  • キャッシュカード、クレジットカードを持ち歩かない
  • 現金を持ち歩かない
  • 競馬に行ける時間を無くす
  • 競馬情報を遮断する

どうでしょう?

競馬をやめたいと考えている方の中で、どこまで実行できているものがあるでしょうか。

銀行口座、ネット投票、カードローンを解約しよう

恐らく競馬をやめたいと思っていても競馬をやめられない人の多くは、ネットバンキングやインターネット投票アカウントの解約をできない方が多いんじゃないかと思います。

ネットバンキングは、競馬以外(貯蓄など)でも使うから、残しておく。

インターネット投票アカウントは、解約までせずにブックマークから消すだけ。

こんな感じで、なんだかんだ保険をかけてまた馬券を買いたくなった時はいつでも買えるように無意識にやっているのではないかと思います。

正直、僕も経験があるのでわかります。

 

また、消費者金融やカードローンを解約することができない場合も多いかと思います。

借金ができる状態を維持しておくことで、いつでも競馬ができる状態にしておこうとします。

僕も、アコムからの楽天銀行、楽天銀行からJRAの即パットや地方競馬のSPAT4にお金を移動できる流れを作り、それをずっと維持してきました。

 

実際に競馬場に行って馬券を購入している人の場合は、現金を持ち歩かないことや馬券を買いに行ける時間を無くすなどの努力をすることで、競馬から離れることが可能かと思います。

競馬情報を遮断し、競馬から離れよう

競馬情報を遮断することも競馬をやめる為に必須になってきます。

これはパチンコとかスロットでも同じですが、動画を見たり、攻略情報を目にすると馬券を買いたい衝動が起きてしまいます。

例えば、テレビのCMやYouTubeの馬券予想動画などを見てしまうと、一気に馬券を買いたい欲求が込み上げてきて、気付いた時にはレースに熱中していることも少なくないでしょう。

対策としては、

  • 土日にテレビはつけない
  • YouTubeアカウントの視聴履歴を削除する
  • スマホの競馬情報サイトを削除する

などがあります。

徹底して競馬情報を遮断し、自分の中に競馬が入り込むのを防ぎましょう。

競馬をやめるのは一人では不可能です

ここまで馬券が買えない環境づくりについて書いてきましたが、はっきり言って上記の環境を一人で構築することはまず不可能と思った方が良いです。

というか、本記事にたどり着いたあなたもそれは重々わかっているのではないでしょうか。

 

競馬に限らず、ギャンブルをやめるには必ず誰かの助けが必要になります。

その誰かとは家族であることが大半でしょう。

 

僕は、競馬の他にパチンコとスロットを15年続けてきて、何度もやめようと試みたことがありますが、ただの一度も成功したことはありません。

回数で言えば、100回を超えていると思います。

 

しかし、今回競馬で300万の借金をしたことを妻と両親に打ち明け、競馬をやめることに協力してもらった結果、あっさりと競馬もパチンコもやめることに成功しました。

やはり一人では無理だったことも、家族の協力を得て可能になった事が成功の要因であることが証明されていると思います。

競馬では勝てないと諦めることが脱出の近道

家族に協力してもらうことが重要だという話をしてきましたが、やはり根本的に本人のマインドを変えることも重要です。

なぜなら、そもそも本人がやめたいと心の底から思わない限りは、家族に助けを求めたりしないからです。

 

そこで、ここでは僕が実際に競馬をやめようと思った時のマインドについて書いていきます。

僕は、このマインドを持ったことで一瞬で競馬をやめられたと言っても過言ではありません!

 

結論、僕は競馬で勝つことを完全に諦めました。

「えっ?それだけ?」

そう思った方がいると思いますが、意外とこの競馬で勝つことを諦められる人は少ないと思います。

競馬をやる以上、勝つことを考えますし、もっと言うと絶対に勝つ方法があると信じ込んでいる人がほとんどなんじゃないかと思います。

 

ですから、なかなかこの思考にたどり着ける人は少ないかと思います。

僕もずっと負け続けていましたが、なんの根拠もなく勝つ方法は必ずある!と信じていました。

競馬をやめたら、人生変わります

冒頭でも書いてありますが、競馬をやめることで得られるメリットはたくさんあります。

そして、それは人生を変えるレベルのものばかりです。

実際に僕も、競馬をやめてからの2年間でとてつもなく人生が変わりました。

  • お金に余裕ができる。
  • 時間に余裕ができる。
  • 精神的余裕ができる。
  • 人間関係が良好になる。
  • 人生が有意義になる。

やめる前は信じられないかもしれませんが、本当に上記のようなメリットが手に入ります。

騙されたと思って、まずは一か月頑張って競馬をやめてみましょう。

確実に違った日常を味わうことができるようになりますよ!

【体験談】僕が競馬をやめ続けられている理由

【体験談】僕が競馬をやめ続けられている理由

最後に、僕がなぜあっさり競馬をやめられ、しかも2年以上も継続することができているかについて書いていきたいと思います。

結論、僕は競馬をやめて空いた時間をすべてこのブログに費やしてきているからです。

僕は、ブログを始めたことによって、競馬の事を考える時間がおのずと無くなり、自然と競馬をやめられるようになりました。

自分でも驚きですが、やはり競馬をやめて空いた時間に何をするかというのはとても重要だなと実感できた出来事でもありました。

ですから、これから競馬をやめようとしているあなたも、競馬をやめた後に自分が何をしたいのかをしっかり考えていく必要があります。

もちろんそれはすぐに見つかるものではないので、とにかく何でも挑戦してみることをおすすめします。

僕にとってブログも意外でしたが、自分では気づいていない意外な趣味に出会えるかもしれませんよ。

まとめ:基本的にギャンブルをやめる方法はどれも一緒である

いかがだったでしょうか?

今回は、競馬を確実にやめる方法について書いてきましたが、基本的にギャンブルをやめる方法はどれも一緒であると思います。

パチンコだろうと、競馬だろうと、まずはできない環境をつくることから全ては始まります。

その後に、やめ続けていくにはどうすれば良いのかというのを考えていき、その人に合った方法を探していくのがベストかと思います。

最初は、競馬をやめるのに苦しい期間があると思いますが、競馬をやめた先には必ず明るい未来が待っていますよ!

一緒に競馬をやめ続け、有意義な人生を手に入れましょう!

おわり

ギャンブル依存症を克服されたコウジさんのブログです。
とても参考になるので、ぜひご覧ください。
>絶対に治らないと思っていたパチンコ依存症を克服した僕のブログ<
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jyunipapa(ジュニパパ)

ギャンブル歴15年。脱ギャンブルから2年経過。 高卒→就職→借金180万(パチスロ)→完済→結婚→2児のパパ→借金300万(競馬)→完済(肩代わり)→両親に返済中→プログラミング学習→転職→失敗→副業→ブログ(現在) 2020年8月、ブログ構築。 ギャンブル依存症を克服する方法や家族の接し方などの情報を発信しています。

-ギャンブル依存症, 競馬依存症
-