ギャンブル依存症 借金の悩み

【借金地獄から解放】ギャンブルによる借金300万を完済する方法とは?

2021年8月15日

パチンコと競馬を理由に借金をし始めて、気付いたら借り入れが300万。

月々の返済もままならず、完済の兆しも見えない。

もうどうすれば良いのかわからない。

今回は、上記の悩みについて書いていきたいと思います。

本記事でわかること

  • ギャンブルによる借金300万を完済することは不可能なこと
  • ギャンブルによる借金300万を完済する方法

本記事を書いた人

僕は、ギャンブル依存症で過去にパチンコと競馬を理由に消費者金融から借金をしたことがあります。

借金をし始めた頃は、『ギャンブルによる借金はギャンブルで返す』と訳の分からないマインドを持ち、毎日毎日、競馬とパチンコに時間を費やしてきました。

しかし、日に日に借金は増えていき、気付いた時には総額300万という借金を抱えていました。

今回は、その時の体験を元にギャンブル依存症がギャンブルで作った借金300万を完済するのは不可能という話をさせていただきます。

また、今だからわかるギャンブルで作った借金300万を完済する方法についても書いていきます。

今現在、ギャンブルによる借金で苦しい思いをされている方は、ぜひ参考にしていただきギャンブル依存症克服と借金完済に向けて動き出すきっかけにしていただければと思います。

【簡単webで完結】借金減額診断してみる

【借金地獄】ギャンブルによる借金300万は返済不可能!?

【借金地獄】ギャンブルによる借金300万は完済不可能!?

結論から書かせていただきます。

タイトルにもある通り、ギャンブルによる借金300万を完済することは不可能です。

理由は、2つあります。

  • ギャンブル依存症だから
  • 返済し続けても元金が減らないから

詳しく解説していきます。

ギャンブル依存症は返済よりもギャンブルを優先する

まず、借金300万を完済できない理由の1つ目が、ギャンブル依存症だからです。

本記事を読んでいる方はわかると思いますが、一度ギャンブル依存症になって金銭における正常な判断ができなくなってしまいます。

そして、どんどんドツボにハマる行動をとり続け、借金を雪だるま式に膨らませていきます。

例えば次のような感じです。

借金が300万まで膨らむ理由

  • 返済するために借金をするから
  • 返済したら、すぐに借金してギャンブルをするから
  • 借金返済する前にギャンブルをするから

こんな感じで、ギャンブル依存症は借金返済よりもギャンブルを優先し、本当にヤバい状況になるまで返済を遅らせます。

その結果、次から次へと借金を繰り返し、行くところまで行ってしまうのです。

借金300万は返済してもほぼ利息分になっている

次に理由の2つ目は、返済してもほぼ利息分になってしまうからです。

僕の例を見て説明していきますね。

僕は、アコムとプロミスの2社から合計300万円の借金をしていました。

プロミスの借り入れ証明

アコムの借り入れ証明

上の画像2枚は、プロミスとアコムからの借金を完済した後に、CIC(個人信用情報機関)から取り寄せた書類になります。

完済した後なので、残高はゼロですが、貸付額の合計は280万くらいですかね。

これにアコムのショッピング枠もMAXで使っていたので、ちょうど300万くらいになります。

そして、借金300万の時の月々の返済額がこんな感じです。

月の返済額は、各28000円で計56000円。

そのうち利息が37000円。利率は、年利15%。

元金は19000円しか減りません。

月々の返済額が大きくはないのでぱっと見、返済していけそうに見えるかもしれませんが、返済額に対しての利息が半端じゃないです!

年利15%で借りているとこんな感じになります。

ちなみにこの感じで返済していった場合、完済するのに軽く10年以上かかります。

当時、ギャンブルでいつか一括返済してやろうと考えていた僕には痛くもかゆくもない数字でしたが、今冷静になって考えたら、恐ろしくて震え上がりそうな数字ですね。

同じような考えを持っている方は、非常に危険です!

ギャンブル依存症+利息地獄

ここから抜け出すための方法は、次で解説していきます。

ギャンブルによる借金300万を完済するためには?

ここからは、ギャンブルで作った借金300万を完済する方法について解説していきます。

ギャンブルで作った借金300万を完済する方法は、次の2つの項目について同時に進めていく必要があります。

どちらかだけでも失敗しますし、完済した後も継続していかなければいけないことなので、めちゃくちゃ重要なことになります。

今の苦しい生活から抜け出す為にも、しっかりと見ていきましょう!

ギャンブル依存症を克服する

まずは、借金の根源となるギャンブル依存症を克服する必要があります。

借金をしなければギャンブルはしても良いと考える人もいるかもしれませんが、ギャンブルによって300万という借金をしてしまった以上、ギャンブル自体をやめる必要があります。

そして、借金を完済した後もギャンブルをやめ続けなければ、また同じ過ちを犯してしまう可能性があるので、死ぬまでギャンブルをしてはいけないと思います。

当ブログでは、ギャンブルをやめる方法ギャンブル依存症を克服する方法を紹介しています。

この2つの方法を実践することで、ギャンブルをやめギャンブル依存症を克服することができると思います。

ぜひ、下記の記事を参考にギャンブル依存症を克服するきっかけにしていただければと思います。

債務整理で借金を減額する

ギャンブル依存症を克服すると同時に借金を返済していいかなければいけません。

ただ上にも書いてある通り、借金300万を完済することはほぼ不可能だと思った方が良いです。

じゃあどうすればいいのか?

債務整理という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

言葉自体は知っている方は多いと思いますが、実際の中身については理解されている方は少ないと思います。

僕もその一人でした。

債務整理とは、次の4つの総称になります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払い金請求

それぞれ簡単に説明していきます。

任意整理とは?

任意整理とは、弁護士や司法書士が債務者(本人)に代わって債権者(銀行や消費者金融)に対し、借金の減額や利息のカットを要求してくれるものです。

裁判所を通さず手続きができるので、諸費用が安く済み、借金の取り立てが一切来なくなるというメリットがあります。

債務整理の中でもっとも利用される手続きです。

個人再生とは?

個人再生とは、弁護士や司法書士が裁判所に申し立てをして、借金の減額を要求してくれる制度になります。

借金を100万減らせたり、家などの資産を残すこともできますが、裁判所を通すため時間と諸費用が多くかかるというデメリットがあります。

自己破産とは?

自己破産とは、弁護士や司法書士が裁判所に申し立てをして、借金をチャラにしてもらう制度です。

これだけ聞くと、借金が無くなるなら自己破産すればいいじゃんと思うかもしれませんが、自己破産は簡単にできるものではありません。

まず第一にギャンブルでの借金の場合は、申請が通りづらいと言われています。

他にも家などの資産が差し押さえられたり、諸費用が多くかかるなどのデメリットもあります。

過払い金請求とは?

過払い金請求とは、大体2007年以前に借金をしていた人限定になりますが、払いすぎた利息分について返還を要求できる制度になっています。

借金を完済している場合は、特にデメリットはありません。

しかし、借金が残っている場合は、過払い金請求を行った金融機関から今後一切借り入れができなくなるというデメリットがあります。

詳しくは、実際に僕がこの制度を利用したので、気になる方は下記の記事でどうぞ。

こんな感じで、債務整理とは、借金の減額ができたり、利息がなくなったり、はたまた借金がチャラにすることができる魔法のような手続きなのです。

ただ、やはりそんなうまい話にはデメリットがつきものです。

債務整理のデメリット

  • 時間がかかる(半年~1年くらい)
  • 手続きに別途費用がかかる(5万~30万くらい)
  • 書類を集めたりするのがめんどくさい

どうでしょう。

人によってはデメリットに感じないものもあると思います。

時間がかかったり、書類を集めて書いたりすることはあまり気にならないのかと。

やはり一番気になるのは、手続きに別途費用が掛かるということではないでしょうか。

『借金で苦しんでいるのにさらにお金を取るのかよ、そんなお金ないよ!』と叫びたくなると思います。

しかし、まったく心配いりません。

なぜなら、

分割払いで対応してくれたり、支払いが始まるまで借金返済が一時的にストップしたりするので、その間にお金の余裕を持たせることが十分に可能だからです。

上記に書いたことがデメリットと思えないほど、壊滅的なダメージを与えるデメリットが存在します。

それは、債務整理した日から最大10年間、借金ができなくなるということです。

クレジットカードをはじめ、マイカーローンや住宅ローンなどあらゆる借金ができなくなります。

理由は、個人信用情報機関に異動(ブラックリスト)という情報が記載されてしまうからです。

僕も過去に、異動情報(ブラックリスト)を記載されたことがあったのですが、その時は携帯の分割払いも契約できませんでした。

本当にすべての借金ができなくなるので、これは要注意です!

ただ、これについてはギャンブル依存症の人にとってはむしろ好都合なのかなと僕は思っています。

なんでかっていうと、借金ができないっていうことはギャンブルしたくてもできないっていうことだからです。

ギャンブルをやめる為にはお金を持たない事や借金できない状況をつくることが非常に大切です。

ですから、異動情報(ブラックリスト)記載によって借金ができなくなることがギャンブル依存症にとっては、めちゃくちゃ良い薬になると思います。

ということで、ギャンブル依存症が債務整理をするにあたってデメリットはほぼないのかなと思います。
まずは、【簡単webで完結】無料で借金減額診断で自分の借金がどれだけ減額できるのかを確認してみましょう!

ポイント

診断は、匿名でOKですし、診断したからといって必ず債務整理しなければいけないわけではないので安心してください!

指定のメールアドレスで診断結果を受け取り、その結果を見てから債務整理をするべきかをゆっくりと判断すれば大丈夫です!

もちろん無料なので、安心して利用してください!

不安な方の為に、画像と一緒に説明していきますね!

まずは、現在の借入額をざっくりでいいので、選びます!

次に、借入先が何件あるかを選びます!

次は、借入年数ですね!

最後に、診断結果を受け取るメールアドレスや電話番号を入力し、終了になります!

もちろん、名前は匿名でOK!

【簡単webで完結】無料で借金減額診断をしてみる

まとめ:債務整理するなら早い方がいい

僕は当時、家族にバレたくない、仕組みがよくわからない、面倒くさいという理由から借金の債務整理という選択肢を除外していました。

しかし、最近になって債務整理について勉強していき、手続き方法や仕組みを理解していくと、なぜあの時この方法を選ばなかったんだと後悔しています。

実際に僕も、2021年4月に債務整理の一つである過払い金請求を司法書士事務所に依頼しました。

それまではずっと過払い金あるかもなぁと思いながらも、上記の理由から行動せずにいたのですが、今回依頼してみて、早くやっておけばよかったと思いました。

結果的に2万6000円ほど返還されるとのことで、やらない理由が見当たりません。

本記事を読んでいるあなたも、借金で苦しんでいると思います。

まずは、【無料】借金減額診断が簡単にできますので、今の状況をしっかりと把握することを強くおすすめします。

ギャンブル依存症を克服されたコウジさんのブログです。
とても参考になるので、ぜひご覧ください。
>絶対に治らないと思っていたパチンコ依存症を克服した僕のブログ<
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jyunipapa(ジュニパパ)

ギャンブル歴15年。脱ギャンブルから2年経過。 高卒→就職→借金180万(パチスロ)→完済→結婚→2児のパパ→借金300万(競馬)→完済(肩代わり)→両親に返済中→プログラミング学習→転職→失敗→副業→ブログ(現在) 2020年8月、ブログ構築。 ギャンブル依存症を克服する方法や家族の接し方などの情報を発信しています。

-ギャンブル依存症, 借金の悩み
-,