ギャンブル依存症 対策

【知らないと危険】パチンコ初心者が知っておくべき3つの事

2020年11月19日

どーも、jyunipapaです。

世の中には、あらゆるギャンブルが存在します。

パチンコ、パチスロ、競馬、競輪、ボートレース、オートレースetc…

その中でも、これからギャンブルを始めようと思っている方が最も始めやすいのがパチンコ、パチスロではないでしょうか。

理由は、

  • 全国各地どこでもパチンコ屋がある
  • 特に知識がいらない
  • アニメのタイアップ機など馴染みやすい機種が多い

この辺が挙げられると思います。

僕が、ギャンブルの中で一番最初に始めたのは、スロットでした。

始めた時は、とても楽しくお金が増えることもあり、こんなに面白いものがあるなんてと感動したのを覚えています。

しかし、その時はスロットというものが何なのか、ひいてはギャンブルというものが何なのか全く理解していませんでした。

結果、ギャンブルを始めたことにより僕の人生はどん底へと落ちていったのです。

簡単に話すと、ギャンブル依存症となり、トータル480万円という借金をすることになってしまいました。

詳しく知りたい方は、下記ページを読んでください。僕の借金地獄生活の一部始終を書いています。

【驚愕】ギャンブル依存症の末路【僕の体験談】前編

【驚愕】ギャンブル依存症の末路【僕の体験談】後編

今回は、そんな僕がパチンコ(スロット)を始めるにあたりこれだけは知っておいてほしい3つの事について話していきます。

対象の読者

  • これからパチンコを始めようとしている方
  • パチンコ(スロット)を始めて間もない方
  • 家族(夫、妻)がパチンコ(スロット)を始めようしている方

本記事を読むことで、しっかりとパチンコというものを理解し、その上でパチンコを楽しんでいただけたらと思っています。

【知らないと危険】パチンコ初心者が知っておくべき3つの事

【知らないと危険】パチンコ初心者が知っておくべき3つの事

結論から書いていきます。

パチンコ初心者が知っておくべき3つの事

  • パチンコで稼ぐことはできない事
  • 将来性がない事(パチンコで得られるものはない)
  • ギャンブル依存症への入り口である事

詳しく解説していきます。

パチンコで稼ぐことはできない事

まず、ここに気付けずにパチンコ(スロット)を始める人が多いと思います。

僕がまさにそうでした。

僕は、初めてスロットで勝った時、『もしかしてスロットで勝ち続けてこれだけで生活していけるのでは?』そう思いました。

これが全ての始まりだったと思います。

はっきり言います。

パチンコ、パチスロでお金を稼ぐことはできません。

ここまで読んだ方で、『いやでも、パチプロとかいるじゃん』て思った方がいると思います。

確かにパチプロと呼ばれる方は存在します。

しかし、パチプロと呼ばれる人たちもパチンコだけで生計を立てているわけではありません。

パチンコ雑誌のライター業やアルバイトなどで収入を得ている人が殆どです。

本当にパチンコだけで生活している人は全体の1%未満だと思っていいです。

それくらいパチンコで勝ち続けるということは至難の業ということです。

まずは、必ずこの現実を理解した上でパチンコを始めることをおすすめします。

将来性がない事(パチンコで得られるものはない)

パチンコで得られるものは基本的にないと思います。

あるとすれば、それは【一時的な快楽】これだけです。

上にも書いた通り、お金稼ぎはできないのでお金を得ることもできません。

一時的に勝つ時もあるかもしれませんが、基本的に続ければ続けるほどに負け額が増えていきます。

僕は、約15年間パチンコ、パチスロを続けてきました。

結果的に得られたものは借金と苦しい生活だけでした。

将来的に役に立つ事や得られるメリットは何もないので、【一時な快楽】を味わうためにパチンコをするのであれば、しっかりとルールを決めてパチンコをすることをおすすめします。

例えば、

  • 一回当たりの上限金額を決める
  • 遊戯時間を決める
  • 行く回数を制限する

具体的には、上限金額は1万円、時間は2時間、月2回までなど。

上記のようなルールを決め、そのルールをしっかりと守るのであれば、十分パチンコを楽しめるのではないかと思います。

ギャンブル依存症への入り口である事

 

これが僕が一番知ってほしい事です。

本記事を書いたのはこれを伝える為と言っても過言ではありません。

これを読んでいる方は、まだ【ギャンブル依存症】という言葉に馴染みがないかもしれません。

しかし、パチンコや他のギャンブルを始めようとしているもしくはもう始めているという人にとってはとても重要な言葉です。

僕は、【ギャンブル依存症】です。

しかし、そんな僕もギャンブルを始めた当時は、【ギャンブル依存症】という言葉は知りませんでした。

【ギャンブル依存症】とは何か、次のように定義されるのが殆どです。

ギャンブル依存症とは、パチンコやパチスロ、公営競技(競馬・競輪・競艇・オートレース)、くじ(宝くじ・スポーツくじ)のようなギャンブル(賭け事)に過度にのめりこむことで自分をコントロールできなくなり、結果として、家族や周囲の人たちを傷つけ、社会生活が送れなくなってしまう状態を言います。         引用元ワンネス財団

これを見た方の殆どが、『自分がそんなことになるわけない』と思ったのではないでしょうか。

確かに現段階では、この状態になるには程遠い位置にいると思います。

しかし、殆どの人が気付かないうちに【ギャンブル依存症】になっていると思います。

でなければ、【ギャンブル依存症】になる人はいないでしょう。

逆に言うと、それほど注意していなければ簡単に【ギャンブル依存症】になってしまうということです

パチンコなどのギャンブルを始める前に、この言葉を知っているだけで【ギャンブル依存症】になるリスクはかなり下がると思います。

では、なぜパチンコを始めることが【ギャンブル依存症】への入り口になるのかということを説明していきます。

理由は、パチンコを始めることにより【ギャンブル依存症】になる可能性が高いということが証明されているからです。

僕が読んだ本にはこう書かれています。

著者のメンタルクリニックに初診したギャンブル依存症100人のうち、パチンコとパチスロによってギャンブル依存症になってしまった人は、82人いた。残りの18人はパチンコ、スロット以外に競馬や競輪、麻雀などのギャンブルをしていた。この中で、パチンコ、パチスロがらみではないギャンブル依存症患者はわずか4人しかいない。引用元 「やめられない」帚木蓬生

パチンコ、パチスロがらみではないギャンブル依存症患者が極端に少ないことから、この日本ではパチンコ屋に行くことでギャンブル依存症になるリスクが非常に高いことがわかります。

結論、パチンコやパチスロを始めるにあたり【ギャンブル依存症】という言葉をしっかりと理解しておくは必須なのではないかと思います。

ちなみに本書は、僕がギャンブル依存症を自覚してから初めて読んだ本です。

ギャンブル依存症の事例から克服方法、家族への助言などが盛り込まれており、僕によっては最高の内容になっていました。

ギャンブル依存症により悩んでいる場合は、ぜひ読んでいただきたい一冊になっています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ギャンブル依存症というものが身近にあるということをわかっていただけたでしょうか。

とはいえ、まだ始めていない方や始めて間もない方にとっては、『なんの話?』って感じだと思います。

ですから、今回は【ギャンブル依存症】という言葉を頭の片隅にでも置いといてもらうだけで良いと思います。

そして、もし今後パチンコを始めて続けていくうちに、『もしかして?』と思うことがあれば、僕のブログで再確認していただければと思います。

【ギャンブル依存症】は、気付くのが早ければ早いほどその回復もまた早いです。

ただ、自分一人で気付くことが困難なのも【ギャンブル依存症】の特徴のひとつです。

夫や妻、友人などが怪しい行動をしていたら、一度疑ってみることをおすすめします。

関連記事

【当てはまると危険?】ギャンブル依存症の特徴7選

ギャンブル依存症の診断基準9選【あなたも依存症かもしれない】

借金問題を解決して、ギャンブルをやめよう【幸せになる為に】
ギャンブル依存症を克服されたコウジさんのブログです。
とても参考になるので、ぜひご覧ください。
>絶対に治らないと思っていたパチンコ依存症を克服した僕のブログ<
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jyunipapa(ジュニパパ)

ギャンブル歴15年。脱ギャンブルから2年経過。 高卒→就職→借金180万(パチスロ)→完済→結婚→2児のパパ→借金300万(競馬)→完済(肩代わり)→両親に返済中→プログラミング学習→転職→失敗→副業→ブログ(現在) 2020年8月、ブログ構築。 ギャンブル依存症を克服する方法や家族の接し方などの情報を発信しています。

-ギャンブル依存症, 対策
-, ,

© 2021 ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ Powered by AFFINGER5