ギャンブル依存症 体験談

【体験談付き】元パチ屋店員が教えるパチンコバイトのすべて

2021年3月16日

大型パチンコ店で1年、スロット専門店で半年ほどアルバイトしていた経験がある僕が、パチンコ屋でのアルバイトのすべてについて書いていこうと思います。

本記事でわかること

  • パチンコでバイトするメリットとデメリット
  • パチンコ屋のバイトはきついのか?
  • パチンコ屋のバイトは未経験でもできるのか?
  • パチンコ屋のバイトに向いている人とは?
  • バイトするならどんな店が良いのか?

本記事を読むことで、パチンコ屋でアルバイトする上で必要な知識を得られます。

そして、パチンコ屋のアルバイトに対するイメージが変わると思います。

結果的に、初めてパチンコ屋でアルバイトしようとしている方やパチンコ未経験の方でもすぐにパチンコ屋のアルバイト業務に馴染むことができるのではないかと思います。

また、元パチンコ依存症の僕目線でみたパチンコバイトのメリットと悲しい事実についても書いていますので、気になる方はぜひ読んでいただければと思います。

パチンコバイトをお探しの方はコチラ

【体験談付き】元パチ屋店員が教えるパチンコバイトのすべて

目次

仕事内容

ここではパチンコ屋のアルバイトの仕事内容について書いていきます。

早番の場合と遅番の場合で少しだけやることが変わりますが、開店作業と閉店作業の違いくらいなのでさほど気にすることはないかと思います。

  • 朝礼(挨拶の練習、身だしなみ確認、所作確認、現在のホール状況の確認)→共通
  • 開店作業(ホール内の清掃、台のチェック)→早番のみ
  • ホール巡回(ドル箱交換、玉・メダル計数、不正チェック、台の不具合への対応、頭どり、トイレ清掃、ごみ回収)→共通(ホールスタッフのみ)
  • 閉店作業(ホール・台清掃、駐車場チェック)→遅番のみ

この他にも、カウンタースタッフやコーヒーレディといったポジションの仕事もあります。

簡単に説明すると、カウンタースタッフは景品交換や景品の品出し、管理を。

コーヒーレディは、ホールの島内を巡回し、お客さんのメダルや玉と交換でコーヒーなどの飲み物を提供します。

アルバイトを探す際は、どのポジションの求人なのかをしっかり確認することをおすすめします。

パチンコ屋でバイトするメリット・デメリット

メリット

  • 時給が高い
  • 時給の割に仕事が楽
  • コミュニケーションスキルが身に付く
  • 接客スキルが身に付く

デメリット

  • 耳が悪くなる
  • 体に負担がかかる(店舗による)
  • 30代前半までしか働けない

簡単に説明します。

メリットについて

時給は、地域や店舗、シフトによっても変わってきますが、だいたい1,200円~1,500円くらいが多いと思います。

僕が働いていたお店も、遅番は1,200円で22時以降は1,450円って感じでした。

まあこんな高時給のバイトなんてほとんどないですよね。

特に大学生や短期的にバイトをしたい人にとっては破格の時給だと思います。

そして、この時給に対して仕事が楽な場合が多いのもメリットの一つです。

上手に店舗選びをすれば、ある程度ラクをしてこの時給を手に入れることが可能です。

コミュニケーションスキルと接客スキルは、パチンコ屋のアルバイトをすると自然と身に付いていくのではないかと思います。

理由は、どちらもパチンコ店でバイトする上で必要不可欠で、日々のバイトの中で養われていくからです。

例えば、ホール巡回をしている時は、インカム(イヤホンマイク)によって指示がきたり自分の状況を伝えたりすることがあります。

スタッフ同士のコミュニケーションをとらないと仕事が成立しないので、どんどんコミュニケーション力がついていきます。

接客スキルについても、お客さんと関わっていかなければいけないので、どんどん接客スキルが身に付いていくと思います。

これらのスキルについては、身に付けておいて損はないのでパチンコ屋でバイトすることのメリットになると思います。

人と接するのが苦手だという人は不安になると思いますが、結論、心配ないです。

ホール巡回する場合は、必ずホール内にリーダーが存在し、その人からの指示でホールを回していきます。

その為、キホンは受け身で全く問題ないです。

接客に関しても、困ったときはリーダーや近くにいるスタッフに助けを求めて全然大丈夫です。

むしろバイトだけでは判断できないケースも多い為、ヤバいと思ったら社員のスタッフを呼びましょう。

デメリットについて

デメリットについては、身体的に負担が大きく、若いうちにしかできませんといった形です。

毎日、あの騒音の中にいると耳が悪くなり、重たいパチンコ台や玉・メダルを運ぶ作業をしていたら腰が悪くなります。

もしも、長期的にパチンコ屋で働く場合は、しっかりと身体のケアをすることをおすすめします。

ここからは余談ですが、僕が独自に感じたメリットについて書かせていただきます。

結論、パチンコやスロットがめちゃくちゃ好きな人にとって、パチンコ屋のバイトは天職という話です。

では、簡単に書いていきます。

パチンコ好き限定のメリット

  • 新台の演出や出玉性能(データ)をいち早く知ることができる
  • パチンコ・スロット台の裏側を見ることができる
  • 店舗によっては、業務としてスロットが打てる店もある

新台導入初日に出勤すれば、新台の演出や出玉性能(データ)などの情報は好きなだけ手に入れることができます。

ホール巡回中にあえてその島(新台の列のこと)に滞在すれば、演出は見放題。

閉店後、清掃の時間にどれくらい回ってどれくらい当たって収支がどうだったかのデータも見放題です。

ただ、あまり露骨にやりすぎるとインカムで注意される場合があるので、仕事はちゃんとやるのが前提です。

パチンコ屋でバイトすると嫌でも台の開閉をしなければいけません。

これもまたパチンコ好きにはたまらないでしょう。

僕は、玉詰まりやメダルエラーで台を開けるのが楽しみでしょうがなかったです。

どこにどのボタンがあってどうやって設定を変えるかなどにめちゃくちゃ興味があったからです。

そして、僕がパチンコ屋でバイトしていて一番良かったことは、業務としてスロットを打つことができたことです。

僕が働いていたスロット専門店では、毎朝1ゲーム回しという作業がありました。

設定変更、リセット判別の対策です。

1ゲームだけとはいえ仕事でスロットが打てるなんて夢じゃないですか?笑

しかも、必ず1ゲームということではなくて、その1ゲームで当たるもしくはレア役をひけば、前兆終了か当たるまで打てるという特典付きです。

これが意外と多いんですよ。

スロット好きには最高の時間になること間違いなしです。

しかし、悲しいお知らせもあります。

パチンコ屋でバイトしてもパチンコで勝てない

それは、パチンコ好きがパチンコ屋でバイトをして上に書いたような情報などを手に入れたとしても、パチンコやスロットで勝てるようにはならないということです。

僕は、パチンコ屋でバイトすればパチンコで勝てるようになるのでは?という考えを持っていました。

しかし結果は、まったく勝てるようにはならず、むしろパチンコ依存症を悪化させてしまいました。

ですから、もしパチンコ屋でバイトをし、内部情報を手に入れてパチンコで勝ちたいと考えている人がいるならば、絶対におすすめしません。

話がだいぶ逸れましたが、本題に戻ります。

パチンコ屋のアルバイトはキツイのか?

近年は、パーソナルシステムの導入で出玉計数が自動化されてきています。

その為、全台パーソナルシステムになっているパチンコ屋のアルバイトはキツくはないでしょう。

しかし、4円パチンココーナーだけ出玉感を出す為にパーソナルシステムを導入していない店舗もあります。

バイトする店舗を選ぶ際は、パーソナルか否かを事前に確認しておきましょう。

僕がバイトしていた店舗は、パーソナルを導入していなかったのでまあきつかったです。

約一年アルバイトを続けて腰を痛めてしまい、リハビリに通う羽目になりました。

僕の経験からも、出玉計数があるかないかでパチンコ屋のアルバイトが楽に感じるか否かは明白です。

また、先にも書いたとおり仕事内容にも色々あるので、パチンコ屋のバイトと一口に言ってもそのどれを選ぶかによって仕事のきつさは変わってくるでしょう。

パチンコ屋のアルバイトは未経験でもできる?

結論、未経験でも大丈夫です。

しかし、ある程度パチンコの知識をつけることが必要になります。

ただ、その基本的に知っておかなければいけない部分に関しては、採用後にしっかりと教えて頂けると思うのご安心を。

パチンコ屋はコンプライアンス(法令遵守)に非常に厳しいので、従業員に下手なことをしゃべらせない為にも社員教育を徹底しています。

パチンコをやったことなくてもできる?

パチンコをやったことがなくても大丈夫です。

でも、パチンコ経験があったほうがやりやすいの事実だと思います。

僕は、パチンコ依存症でしたので、かなりパチンコの知識やスタッフの行動について詳しかったです。

そのおかげで、すぐに仕事を覚えることもできましたし、お客さんにパチンコについて聞かれることがあってもすぐに答えることができました。

ただ、これは知っていた方がいいよっていう話で、必ず知っておかなければいけないという話ではないので、まったく気にすることはありません。

事実として僕が働いていた店舗にも、まったくパチンコやスロットをやったことがない人は何人もいましたが、何不自由なく働いていました。

女の子でもできる?

肉体労働でキツいイメージがあるパチンコ店のバイトですが、結論、女の子も普通に働けます。

ホール巡回ではなく、カウンタースタッフやコーヒーレディをやるケースも多いためです。

仮に、ホール担当になったとしても先にも書いた通り、各台計数機付きのパーソナルシステムを導入している店舗なら、体力的にも問題はないですし、僕が働いていた店舗にもかなり女の人がいました。

パチンコ屋のバイトはどんな人が働いている?

パチンコ店員のイメージとしては、極端に言うとヤンキーみたいなちょっとガラの悪い人達が働いているイメージがあると思います。

しかし、実際はまったくそんなことはなく、むしろ逆で正社員の新卒採用は大卒のみですし、アルバイトの人も割とちゃんとしている人が多いです。

元々あまり良いイメージがないパチンコ業界ですから、近年ではそのイメージを払拭するために良い人材を確保しようとしているのだと思います。

パチンコ屋のアルバイトの年齢層は、大学生から30代前半までの比較的若い層が多いと思われます。

ちなみに、男女比率は6:4くらいかなと思います。

意外に思われますが、女の人の比率がけっこう高いんですよ。

パチンコ屋のバイトに向いている人とは?

では、ここでパチンコ屋のバイトに向いている人について書いていきます。

  • パチンコ好き
  • 接客が好き
  • 体を動かすのが好き

説明するまでもなく、パチンコが好きでそのパチンコについてお客さんと話せて、さらに玉やメダルを運んだり、重たい台を運ぶ作業を問題なくこなせる人にはもってこいのバイトだと思います。

極端な例を書きましたが、もちろん実際にやってみなければわかりません。

少しでもパチンコ屋のバイトに興味があるなら、まずは働けるお店を探してみましょう。

パチンコバイトをお探しの方はコチラ

では、パチンコ屋バイトするならどんなお店が良いのか書いていきます。

パチンコ屋でバイトするならどんな店が良い?

  • 全台、各台計数機付き(パーソナルシステム)
  • お店の規模は中くらい(台数が500台前後)
  • 稼働が多くもなく少なくもない(7割稼働)

僕が2店舗でバイトしてみて思った、もしまたバイトするならこんな店が良いというものを書きました。

正直、この3つを満たしていれば他はあんまり気にしませんね。

玉・メダル運びがないのは大前提。

お店の規模と稼働については、忙しすぎても大変だし、暇すぎても疲れるからという理由です。

時給を気にする方がいるかもしれませんが、どのお店もほとんど変わらないので無意味かと。

あと、人間関係については実際に働いてみないとわからないので、これも気にしてもしょうがないです。

もし、どんな人が働いているか気になる方は、事前にホールに行き、ホール状況と一緒にどんな人がいるもチェックしておきましょう。

結論:パチンコ屋のバイトはコスパが良い

まとめると、パチンコ屋のバイトはめちゃくちゃコスパが良いです。

理由は簡単で、

  • 高時給
  • 仕事が割と楽
  • 接客・コミュニケーションスキルが身に付く

アルバイトでもマックスでシフトに入れば、20万は超えます。

僕も当時、すべて遅番で月22万もらったことがあります。

アルバイトで週休二日でこれはもう破格の給料ではないでしょうか?

さらに、人として成長できるのでパチンコ屋のバイトはコスパ最強だと思います。

パチンコ屋のバイトを探すなら

最近では、コロナウイルスの感染が懸念されます。

そして、パチンコ屋はかなり警戒されています。

パチンコ屋でバイトしようとしている場合は、そのところもしっかりと考えた上で決めていただければと思います。

パチンコバイトをお探しの方はコチラ

ギャンブル依存症を克服されたコウジさんのブログです。
とても参考になるので、ぜひご覧ください。
>絶対に治らないと思っていたパチンコ依存症を克服した僕のブログ<
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jyunipapa(ジュニパパ)

ギャンブル歴15年。脱ギャンブルから2年経過。 高卒→就職→借金180万(パチスロ)→完済→結婚→2児のパパ→借金300万(競馬)→完済(肩代わり)→両親に返済中→プログラミング学習→転職→失敗→副業→ブログ(現在) 2020年8月、ブログ構築。 ギャンブル依存症を克服する方法や家族の接し方などの情報を発信しています。

-ギャンブル依存症, 体験談
-,

© 2021 ギャンブル依存症からの人生逆転ブログ Powered by AFFINGER5